松風会IISYOUFUKAI

松風会II(生活文化センター自主企画)

愛媛県生活文化センターでは、自主企画として句会 松風会IIを開催しています。

松風会とは?

松風会は子規直系の日本派俳句結社で、全国に先駆けて明治27年3月27日に発足しました。 この会は大正初期まで続き、明治28年夏から秋にかけて愚陀佛庵で子規の熱心な指導を受け、いつの間にか夏目漱石も句会に加わり熱心に活動しました。
現在、国重要文化財 萬翠荘・愚陀佛庵(2010年7月12日の記録的な豪雨による土砂崩れにより倒壊)館長の八木健氏が松風会を主宰し、俳句を指導しています。

開催団体名
愛媛県生活文化センター 自主企画
開催期間
平成24年12月~(毎月第1・3火曜日)
開催場所
愛媛県生活文化センター
開催時間
18:30~19:30
参加費
入会金無料、参加費500円/1回
講師
八木 健(萬翠荘館長・愚陀佛庵句会 松風会主宰)
参加者の年齢層
中高年
お申込み・お問い合わせ
愛媛県生活文化センター
TEL.089-933-1369

松風会II句会報 平成27年7月開催分を発表しました。

平成27年7月21日開催
  • 孑孑の仕事は体操スクワット(八木 健)
  • まさおなる天をつきあげ入道雲(小笠原満喜恵)
  • 夏天守一期一会の人とゐる(二宮 由紀恵)
  • 台風の熱風によむ温度計(新 磯)
  • 売家の看板隠し夾竹桃(ただみ)
  • 紗の羽織着こなしぞろり京男(倭)
  • 古への天の下なる古代蓮(木下 正代)
  • 電柱の細片陰に納まりぬ(山崎 美樹子)
  • 新参のマンゴにゃ負けぬぞとバナナ(砂 路)
  • 折られたるトマトの苗や花つける(藤本 のり子)
  • 涼しさの二つの鳥居くぐりけり(尊 史)
  • 睡蓮に佇む吾に鯉の口(高市 光子)
  • 冷蔵庫の扉に麦茶の指定席(日根野 聖子)
平成27年7月7日開催
  • 梅雨のバス水も滴る男乗せ(八木 健)
  • 青空はまだかと梅雨の窓にらむ(木下 正代)
  • 膨らませゐる梅雨寒の旅鞄(山崎 美樹子)
  • 母帰る野いちごを手にあふれさせ(小笠原満喜恵)
  • オルガンも調子外れの梅雨湿り(砂 路)
  • 紫陽花や水面に映り揺れゐたる(二宮 由紀恵)
  • お日様の機嫌よければ枇杷甘し(尊 史)
  • 視野に飛び込むハイウェイの夾竹桃(ただみ)
  • どの人も笑顔になりぬ涼み台(藤本 のり子)
  • 百歳の言葉噛みしめ梅雨の晴れ(倭)
  • 雷や神の鼾と思はるる(日根野 聖子)
  • 靴を這う蟻の思わぬ早きかな(高市 光子)
  • 草を刈る去年の顔の一人欠け(新 磯)
  • 青春のひだすらますぐ今年竹(北野 朋子)