松風会IISYOUFUKAI

松風会II(生活文化センター自主企画)

愛媛県生活文化センターでは、自主企画として句会 松風会IIを開催しています。

松風会とは?

松風会は子規直系の日本派俳句結社で、全国に先駆けて明治27年3月27日に発足しました。 この会は大正初期まで続き、明治28年夏から秋にかけて愚陀佛庵で子規の熱心な指導を受け、いつの間にか夏目漱石も句会に加わり熱心に活動しました。
現在、国重要文化財 萬翠荘・愚陀佛庵(2010年7月12日の記録的な豪雨による土砂崩れにより倒壊)館長の八木健氏が松風会を主宰し、俳句を指導しています。

開催団体名
愛媛県生活文化センター 自主企画
開催期間
平成24年12月~(毎月第1・3火曜日)
開催場所
愛媛県生活文化センター
開催時間
18:30~19:30
参加費
入会金無料、参加費500円/1回
講師
八木 健(萬翠荘館長・愚陀佛庵句会 松風会主宰)
参加者の年齢層
中高年
お申込み・お問い合わせ
愛媛県生活文化センター
TEL.089-933-1369

松風会II句会報 平成27年6月開催分を発表しました。

平成27年6月16日開催
  • 雨が好きなのかアメンボウ跳ねる(八木 健)
  • 雨漏の音リズミカル梅雨の家(ただみ)
  • 漆黒の道蛍火に案内され(高市 光子)
  • 燕の子読経まねしているのかも(尊 史)
  • もらひたる糸瓜の苗や助手席に(日根野 聖子)
  • 我娘よりのコーヒーカップ母の日に(二宮 由紀恵)
  • ひょっとこの顔やスイカの種飛ばし(藤本 のり子)
  • 梅雨の月大観覧車でつかまへる(倭)
  • 真夏の色していばりいる砥部の空(新 磯)
  • 木漏れ日の水面にさはぐ青時雨(木下 正代)
  • 香水の人はいずこにエレベータ(山崎 美樹子)
  • 枇杷の実のたわわになりし無人駅(砂 路)
  • 雨ぬれのあじさいのまりついてみる(小笠原 満喜恵)
平成27年6月02日開催
  • 黒白をつけねばならぬ男梅雨(八木 健)
  • 黒塀の路地を曲がるや夏日差(新 磯)
  • 夕日に映える麦秋の金の波(小笠原 満喜恵)
  • クローバのヨツバをもらひ乙女めく(倭)
  • 祭なり大地の神の舞い踊る(木下 正代)
  • ハローハローと遠足児の声が飛ぶ(高市 光子)
  • 胡瓜売り指くわへ見る童子かな(山崎 美樹子)
  • 刈らねばならぬつつじの庭の雑草は(ただみ)
  • 六月になる梅雨になる鬱になる(日根野 聖子)
  • 夏の伊勢金の御紋に眼を射られ(二宮 由紀恵)
  • 万緑に近づいていく渡しかな(砂 路)
  • めだかの子いのちの浮沈みせている(尊 史)